英会話初心者がラクに会話できる3つのコツとおすすめアプリ

英会話スクールに通っているのに、いざ実際の場面では全く話しかけられない・・。

街で困っている外国人をみても、いつも見て見ぬ振り・・・。

そんな思いをされたことありませんか?

でも心配は要りません。誰でもみんな通ってきた道です。

誰でも最初はみんな初心者。みんなこの同じ思いを経ています。

ちょっとした「コツ」で、今の状態から「かなりの会話が口から出てくる」方法があります。

そんな英会話初心者も、「ラクに英会話できるコツ」と、英会話初心者に最適な優れた「アプリ情報」をお伝えします。

 

なぜ英会話ができない?話せない?

まずは、そもそもなぜ私たち日本人はこんなに英会話できないと悩むのか?

なぜ英語の「読み書き」は得意なのに「会話」は苦手なのか?

その「理由」と「考え方」を解説します。

日本人の「気質」が英会話に影響

世界的にも日本人は「物静かな人種」として有名です。

そして勤勉で真面目なので「日本人と一緒に仕事をしたい」という人が世界中にはたくさんいます。

ただ問題は日本人の英語力です。

英語力といっても「リーディング・ライティング力」を活かしたメールや書類作成は問題ないのに、
「スピーキング・リスニング力」を活かした電話や会議となると・・さっぱり・・という外国人の声。

ショックな話ですが、「本当に同じ人?」って思ってしまうそうです。

読み書きはできるのに、なぜ話せないのでしょう?なぜ英会話ができないのでしょう?

 

ペラペラ・完璧じゃなくていい!

根本的理由として、一般的日本人はおおむね「完璧主義」だからです。

真面目な性格がゆえ、間違いを犯すことに非常に「罪悪感」を覚えてしまうのです。
(おそらくここは、外国人はなかなか理解できないでしょうね)

ただ、今私たちが向かっている先は、世界的共通言語の「英語」というフィールドです。

そこに「私たちは完璧主義だから・・」なんてことを理由にしているヒマはありません。

英会話初心者なのだから、いえ、初心者じゃなくても間違えて当たり前なんです。

母国語である日本語だって、私たちはよく間違えます。

常に「正しい・完璧な文法」で話しているわけではありません。

「伝わればそれでいい」と無意識で思っています。

英会話もそうです。「伝われば」いいのです!

Perfect(完璧)な英語】より、Understandable(理解可能)な英語】を話すことを、ゴールにしましょう。

自分で自分のハードルを下げてください。

ハードルを上げっぱなしでは、いつまでたっても足が動きませんよ。

 

会話の内容よりも「あなたと話した」という事実が重要

外国人が会話をする上で、最も重要視している点は、

会話の内容云々よりも「あなた」と会話したという事実です。

外国人が英語で会話をしている時、相手が日本人であろうと誰であろうと

「あ、今『a』と『the』間違えた」「あ、今3人称単数の『s』がなかった・・」

なんて考えながら会話をしているわけでは決してありません。

正確な文法なんか問題ではないのです。

もっというと「会話の中身」ですら問題ではないのです。

1番大切なのは「『あなた』と話した」。これだけです。これだけを覚えて帰るのです。

そうして相手は「あなた」を認識します。

そして次に会った時には「友人」として気を許して話せる関係になっています。

こちらも初回よりかなり落ち着いて英会話ができるようになっている・・

「中身」より「あなたが話すこと」に意味があります。

「まだちゃんと話せないから・・・」と後ろで縮こまっていてはもったいないです。

ちゃんと話せなくてもいいので、「今の自分が話せることを話す」を始めてみましょう!

フィールドは世界共通の「英語」です。

一歩前に出る意識的「アクション」は必要不可欠です。やってみましょう!

 

 

ラクに英会話をするコツ1:「無理しない」「聞き役に回る」

では、実際にどうやって外国人と英会話をしていけばいいのか?

どんな話題がいいのか?

ラクで自然な英会話をするコツをお伝えします。

無理をして話そうとするから失敗してしまう

ラクで自然な英会話のコツは、こちらが話すのではなく、「相手に話させる」ことです。

相手のフィールドについて質問してあげればいいのです。これ、すっごくラクです!

英会話初心者は、まだあまり英語が口から出てこないのに、無理して難しい話をしようとする傾向があります

そして話す前に頭でいっぱい考え込んでしまい、「全く会話になっていない」という現実に苦しむのです。

おそらく、頭の中で「日本語で文を考え、それを英訳する」という作業が行われているのでしょう。

しかし、ここで問題が起こります。

日本語ではスラスラと話せることも、単語数や文法理解が少なくて行き詰まってしまい、結局何も言い出せないで自己嫌悪・・。これは辛すぎます。

でもご安心を。後ほど「相手に話させる抜群の質問フレーズ」を一挙お伝えしますので!

無理して難しいことを話そうとせず、「相手の会話を引き出す」英会話を身につけましょう。

 

英会話初心者は「聞き役に回る」

では、英会話初心者の「会話の中の立ち位置」を考えてみます。

ラクに会話するための立ち位置、それは「聞き役に回る」です。

これを意識すると、ラクで自然な英会話が成立します。

例えば、

「へぇ〜それ面白そうだね」

「そんなの初めて聞いた!」

「いいね。次はどこに行く予定なの?」

などと、あなたが自分のことを話そうとせず、聞き役としてあいづちを打って、時に質問するのです。

質問をすると、たとえ簡単な質問でも、相手は「その倍以上」の会話量で返してきてくれます。

『うん、次は〇〇に行く予定なんだ。あそこは△△が有名らしくて〜、僕の友達が行ってきたらしいんだけど〜、すごくよかったって言ってたから〜。〜君もいったことある?』

という具合に相手は大いに盛り上がり会話が膨らんでいきます。

みんな自分のことが好き

なぜ聞き役に回るといいのか?

それは、みんな話すのが大好きだからです(笑)

私の経験上、海外の方は特に「話を聞くよりも話す方が好き」です。

みんな自分の話となると上機嫌でどんどん言葉が出てきます。

あなたもそうではありませんか?

自分の身の上の話を聞いてくれたとなると、嬉しくなってどんどん話をしてしまう・・。

誰だって自分に興味を持ってもらえると嬉しいです。

それを逆手にうまく利用すると、まだあまり英語が話せなくてもラクで自然な英会話ができるのです。

 

 

ラクに英会話するコツ2:「あいづち」「質問」そして「表情」

では、会話そのものに踏み込んだ時に、ラクに英会話するコツをお伝えします。

それが、「あいづち」「質問」「表情」の3つです。

一つ一つみていきます。

あいづちのコツ

聞き役に徹する時にはあいづちが大切です。

「ウンウン」って笑顔でうなずいているだけじゃ『この人本当に話聞いてる?』って思われてしまうかもしれません。

自分の感想を交えながら、相手の話にあいづちを打ってあげることで、会話が一気に弾みます。

たとえば、

Exactly.(確かにその通りですね)」

That’s tough.(大変だったね)」

I might want to go/try it.(私も行って/やってみたいなあ)」

That’s good.(それいいね)」

などはよく使われます。

こういったあいづちのバリエーションがあると、息苦しくなくスマートな会話がラクにできます。

 

「5W1H」で聞いてあげる

これは大変実用的です。使えます。

聞き役に回る時に あいづちだけでなく、時をおり5W1Hを使って質問をするのです。

5W1Hとは

5W1Hとは、以下のような疑問詞です。

What なに
When いつ
Who だれ
Where どこ
Why なぜ
How どう

この 5W1Hの質問は答えが「Yes/No」ではないので、大変盛り上がり、自然と会話が長続きします。

しかもこちらは質問するだけ・・!とてもラクです。

 5W1Hを実際使った会話

5W1Hを実際の会話にすると例えば以下のような質問になります。

What are you going to do this weekend? 週末何するの?
When did you go there? いつ行ったの?
Who were you going with? 誰と行ったの?
Where did you go last weekend? 先週末どこに行ったの?
Why do you want to go there? どうしてそこに行きたいの?
How about you? あなたはどうですか?
↑切り返しとして使う

などなど・・シンプルですが会話が広がる質問です。

相手は喜んで、得意になって話してくれます。

的確な 5W1Hの質問でラクに英会話を成立させる・・。

初心者の方にこそぜひ使って欲しい質問文です。

 

ラクで自然な会話とは、発音よりも「表情」

「あいづち」「 5W1H質問」でラクな会話ができると説明してきましたが、この2つよりも何よりもラクで自然に会話を成り立たせるコツがあります。

それは、「あなたの表情=笑顔」です。

これに勝るラクなコツはありません。

そして「笑顔・表情の柔らかさ」をあなどらないでください。

英語を話すことに必死になってしまって、顔が引きつり、眉間にシワなんて寄せていたら危険です!

相手は「会話」そのものよりもあなたの「態度・表情」ばかりが気になり始めます。

結果、会話の内容が耳に入らない代わりに「あなたの使った言葉の使い方(=文法)」がみるみるクローズアップされ、意図せずとも「あなたのあら探し」で終わります。

まさに「笑顔・陽気さは七難隠す」です。

会話のキャッチボールをラクに楽しむためにも、「表情は柔らかく」です。

 

 

ラクに英会話するコツ3:英語で質問されたら・・?

もし、相手に質問されたら・・?

緊張の瞬間ですよね・・今度は自分が英語で答えなきゃいけない!

そんな時のために必要最低限のパターンを持っておくといいです。

中学英語で大丈夫

もし、自分のことを英語で話す機会が与えられても、焦らなくて大丈夫です。

難しく考えず、「中学英語の自己紹介程度」のもので大丈夫です。

例えば「私は〇〇出身です。」「○歳です。」「趣味は△△です。」「週末は□□をして過ごしています。」などの英文を、常に「自分の引き出し」に持っておくといいのです。

簡単な中学英語レベルの英文を常に用意しておきましょう。

無理をして長文を話そうとせず、シンプルな文の方が逆にいいです。

伝わりますし、余裕を持って会話ができますから。

 

外国人によく聞かれるフレーズ

これは絶対重宝します!

国内で海外の方に出会って聞かれることは多種多様ですが、海外で日本人相手に聞かれることは、たいてい決まっています。特に多いのが

Where did you come from? どこからきたの?
Why did you come here? どうしてここに来たの?
Is it your first time? この国に来るのは初めて?
Who are you coming with? 誰と来たの?
How is here? この国はどう?
What are you going to do here? ここでの予定は?
When did you arrive? いつ着いたの?
How long will you be here? いつまでいるの?

などです。

逆に、日本に観光で来た外国人に「この質問をする」こともできます。

これらの質問に対する答えは用意しておいて損はありません。

ビジネスで行っても、旅行で海外に行っても、よく聞かれる質問リストです。

あらかじめ「返答の英文」を用意しておく

これらの質問は本当によく聞かれるので、以下のような「返答の英文」を用意しておくと会話がラクに運びます。

●「Where did you come from?(どこからきたの?)」
I came from Japan.(日本から来ました)

●「Why did you come here?(なんでここにきたの?ビジネス?旅行?)」
I came here for business/sightseeing.(仕事/旅行で来ました)

●「Is it your first time?(この国に来るのは初めて?)」
Yes, it is. / No, it’s second time.(はい。/いいえ、2回目です)

●「Who are you coming with?(誰ときたの?)」
I came here with my boss/my family.(上司/家族と来ました)

●「How is here?(この国はどう?)」
This country is amazing. Because the food is super delicious.(この国は素晴らしいよ!なぜなら料理がとっても美味しいからね)

●「What are you going to do here?(ここでの予定は?)」
I’m planning to go to the museum.(博物館に行く予定です)

●「 When did you arrive?(いつ着いたの?)」
Yesterday.(昨日です)

●「How long will you be here?(いつまでいるの?)」
About 2 weeks.(二週間くらいかな)

このように、シンプルな返答で十分会話は成り立ちます。

聞かれた時のために「答え」を常にいつでも使える「引き出し」に用意できていると、英会話初心者でも堂々と余裕を持って英語が話せるのです。

 

 

 

英会話初心者に最適アプリ:スタディサプリENGLISH

英会話初心者が日々力をつけるのに最適なアプリです。

実際に会話しているような感じで勉強を進められます。

会話の流れを掴むにはもってこいです。

PCでもスマホでも学習でき、忙しい私たちには嬉しいばかり。

全ての機能を使うためには課金が必要ですが、一部分だけなら無料でお試しすることもできるので、ぜひ一度ダウンロードするといいと思います。

スタディサプリ English: https://eigosapuri.jp

まとめ

今回は、英会話初心者でも海外の方とコミュニケーションが取れる方法・コツをお伝えしました。

ポイントは「自分が話す量は少なく、聞き役に回るようにすること」。

これだけでも十分会話は成り立ちます。

無理をしない。

ただ「頻度」を積み重ねてください。

どんな短時間でも、英会話の「回数」をこなしていくと驚くほど英語力つきます。

今から一歩また前に進みましょう!

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Megumi

はじめまして。野原めぐみと申します。英会話講師をやっております。長年指導させていただいている経験から、
「中学英文法」を体感的にまで理解できることが、英会話上達の最短距離!
だと実感しています。
非母国語圏の人間だからこそ分かる、「肝」をズバリ提供できればと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。