英会話

こんにちは。メグミです。

「英会話」という枠でくくると

あまりにも大きいので

何から話せばよいか考えてしまいます。

ただ

この記事を読んでくれているあなた

どんな気持ちの時、

この「英会話の欄」を選択したのか考えると、

「英会話始めたいんだけど何かよい情報はないかな?」とか

「やってるんだけど、なかなか英会話できない・・・何が問題なのか?」とか、

こんな気持ちの時じゃないかと思いました。

ズバリ、分析・回答いたします。

というか、先に回答します。

それなりに勉強してきたにも関わらず、

なぜ私たちがなかなか英語を話せないと感じるのか。

単純に2つの問題点です。

①相手の話していることが聞き取れない。

②相手に話したい時上手く言葉が出ない。

そりゃそうだと言いたくなりますが

もう少し解説します。

①については「リスニング力」ですね

②については、2段階あります。

1段階目は文法力=英作文力」です。

文法の基礎を理解し(体感的に理解します)、

頭の中で、文が瞬時に作れるまでの力です。

(今の中学生には最低でもここまでの力を必須とされています。)

2段階目は「瞬発力」・「応用力(アバウト力)」(まとめて「運用力」とも言えます)です。

頭に言葉が、文が浮かぶのに、口から上手く出せない・・・

 

英会話は生ものです。

 

「ライブ」です。

 

その場でどんな単語が飛び込んでくるか、完璧な準備なんてできません。

その時

どんな単語が飛び込んできても対処できる「瞬発力」は必要です。

投げられたボールを

即座に投げ返さないと成立しません。

そして

「瞬発力」に付随していますが「応用力(アバウト力)」です。

私は教室の子供たちに

文法はきびしく教えますが(テストのためにです)

フリーで話す時は

「こだわらない!何でもいいよ!!」と言います。

文法死守で考えに考え抜いた文をやっとこさ言えたとしても

「うわ~今の文法の正確さ、最高だね!」なんて

相手に褒められることはまずないでしょう。(笑)

例えば

「あなたのお兄さんはサッカーするの?」

って聞きたい時、

「あ・・質問文だから・・あら?Do?だっけ・・?あ、でも三人称とかいうやつ?

動詞なんかつくんだった・・?」

なんて考え込み、10秒沈黙・・・よりも

「Your brother play soccer?」って言って

語尾上げれば即伝わるのです。

これが「応用力」であり、「アバウト力」なのです。

そう、私たち日本人にとって

「アバウトさ」は

「力」といっていいほど身に付けなければならないテクニックです!

これを「力」として持っていなければ

いつまでたってもしゃべれません。

「アバウト力」を使って

「伝わる英語」を身をもって開拓し、

そしてさらに自分の文法力・語彙力にしていくのです。

では、この3つの力をつける方法です!!!

①「リスニング力」

これは、よく言っているのですが、

「言える言葉は聞き取れる」  です。

ただし「自分の英語」として口から出せる音です。

たどたどしく読む・・・くらいじゃ量が少ないです。

「口」から出した音を「耳」で聞いて「頭」で認識する。

私がいつも言う「口トレ」です。

「口トレ」で「言える英語」を広げるのです。

(このとき発音には少し気を付けないといけません)

リスニングには一番効果が高いです。

おかげでうちの生徒たちは

リスニングテストほとんど間違いません。

学校でのネイティブ先生の話も聞き取っています。

②の1段階目の「文法力=英作文力」

これは私の「肝」である

「中学生教科書の活用を最大限にお勧めします。

詳しくは教科書活用術の欄でお伝えします。

②の2段階目の「瞬発力」「応用力(アバウト力)」

やはりこれは「実践」ですね。

話す「相手」が必要ということですから・・・

今、一番手軽で低コストなのが

スカイプ等による「オンライン英会話」 です。

いちいち文法など教えてもらわなくていいです。

純粋に「英会話」ができるだけのシステムでよいです。

ここで1点だけ大事なのが、「回数」です。

週一とか絶対ダメです!!「現状維持」なだけです!!

理想は・・というか、1日でも早く話せる実感が欲しい人は、

20分から30分を「毎日」です!!!

それが無理なら

最低でも週に2回!!です。

ここで「ライブ感」を味わい、

「瞬発力・応用力」を身に付けていくのです。

そして・・・・

以上3つに共通して言えることは

1回の量少なくてもいいから「続けること」です!!

趣味で楽しくやっている方はもちろんそれで全然いいと思います。

でも、

今これを見ていただいているあなたは

「早く・・・!どうしたらいい?」

と真剣に考えているのでは・・・?

であれば、

絶対毎日、

①だけでもいい、②だけでもいい、

仕事帰りの10分15分でもいい、

「毎日の生活の一部」に!!

好きとか嫌いとか忙しいとかじゃなく、

「朝起きたら必ず顔を洗う」くらい

当たり前~~!に生活の中に入れ込むのです。

嫌も何もありません。

「しないと気持ち悪い」くらいに持っていくのです。

「特別な行動」ではなく

ごくごく当たり前な「一日の流れの中の一部」にするのです。

ここまでになるには

短くとも「毎日」「一か月」は要します。

でも、

ここまで「自然な習慣」になると

 

何もかもがめちゃめちゃラク!

 

効率よく上達できます。

毎回「よ~し!今からがんばるぞ~」なんて気合い要りません。

ぜひとも!

どうせ「やる」なら

一番の近道を見つけ、

毎日続けてください!!

ここまで読んでいただいたあなたには

ぜひとも上達してほしいです。

私は

学ぼうとしている人たちの、

上達を実感できた瞬間の「顔」を見るのが大好きです。

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    Megumi

    はじめまして。野原めぐみと申します。英会話講師をやっております。長年指導させていただいている経験から、 「中学英文法」を体感的にまで理解できることが、英会話上達の最短距離! だと実感しています。 非母国語圏の人間だからこそ分かる、「肝」をズバリ提供できればと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。