英語の先生にも、好き・嫌いがある

Pocket

%e5%a5%bd%e3%81%8d%e5%ab%8c%e3%81%84

私も怒ります。

こんにちは。メグミです。

 

「だって先生こわくないもん」

 

大人しい女の子にさえ言われます。

多分、いえ、かなり私は「なめられている」先生です。

それもうすうす分かっていますが

中学生の男の子の

心無い言い方や、

頭でなんにも考えずに発する失礼な言葉使いに

もちろん「カチン」ときます。

いくら「子供」相手の仕事をしてると覚悟してても

言っていいことと悪いことがあります。

いくら子供でも私はデリカシーのない子は苦手です。

 

「嫌い」とは言いません。

「嫌い」というカテゴリーでくくると

どう対処してよいか分からなくなるので。

 

で、

そんなデリカシーのないこと言ったり

授業を無視して違うことをやっていると

もちろん叱ります。

つい先日も

私の話をまるで聞いておらず

自分たちの話で盛り上がる中学一年生男子たち。

ついつい注意する声も大きくなります。

するとこんないやな連鎖反応が起こりました。

 

叱る声が大きくなる

自分の中の「嫌悪」の感情が上がってくる

不必要な怒りが表面化する

言わなくてもいいことまで叱りつける

自分が「負」のエネルギーにとらわれてなおさら授業が先に進まない・・・

 

これは少々まいりました。

かなり無駄なエネルギーを消耗しました。

当の子供たちはケロッとしてるのに

私一人嫌悪ムード・・・

もう!子供の指導ってたいへ~ん!!

って思う瞬間です。

 

逆に

授業が「のる」雰囲気の時があります。

これは、私の調子がいいとき ではなくて

子供達のほうが「いいとき」です。

簡単にいうと子供たちの反応がよいときです。

極端にいうと・・・分かっていなくてもいいのです。

こちらの話、態度に

「少しでもリアクションしてくれるか」なのです。

 

どんなにすごい指導者でも人間です。

反応(=関心)があることで

一瞬にしてやる気がムクムク沸き上がり

教えるのに分かりやすく説明できたり、

「この子たちが、もっとお得になる情報を言おう!」ってなるんです。

お互いにとってかなりのプラスだし

win-winってこういうことですよね。

 

これって「先生対生徒」の場面だけではないですね。

単なる会話

面接

会議・ミーティング

取引商談

講演会・セミナー・・・

いつでも「相手の反応」で

その価値が高まるものですよね

 

「反応の力」ってすごいです。

「無反応」で人を硬直させたり自己否定させたりできるのですから。

「反応」って「愛」です。

 

私は、自他ともに認めるオーバーリアクション人間です。

時々滑稽にみられています。

でもいいのです。

それで相手の話や、

相手そのものの価値が高まるなら全然OKです。

 

究極、英語の勉強

最終目標が英会話なら

相手にどう反応するかのトレーニングです。

英語には「相手の話に反応する表現」がたくさんあります。

もしあなたが「反応の薄い方」なら

あと2割増しほど相手に反応して

相手からお得な情報手に入れてみて下さい!

きっと英会話にもつながるテクニックだと思いますよ。

 

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です