英語で「いつ彼に会うの?」と聞きたい時 疑問詞When

Pocket

%e3%81%8a%e5%8c%96%e7%b2%a7[Lesson第24回目]   「疑問詞 When いつ?」

疑問詞の第四弾今回はWhenです。

「日付の言い方(序数)」のセクション

When‘s your birthday?」(あなたの誕生日はいつですか)を使いました。

ここではさらに

いつしますか?」の言い方と文法ルールをマスターしましょう。

 

(例文)下の文、英語でいうと?

  1. 私は小説を読みます。
  2. あなたは小説を読みますか。
  3. あなたはいつ小説を読みますか。
  4. 日曜日です。
  5. 彼女はいつ小説を読みますか。
  6. あなたはふつういつサッカーをしますか。
  7. 土曜日です。
  8. 土曜日の夕方です。

<POINT>

●「主語はいつ〇〇しますか?」は、                              「When+do(does)+主語+動詞の原形」で作る。

●「主語は~ですか?」は、                            「When+is+主語~?」で作る。

前置詞の使い分けを覚えよう。

  1. in     → 月(in July)/季節(in summer)/午前午後(in the morning)
  2. on    →曜日(on Monday)
  3. at  →時刻(at 3 o’clock)
  4. before→~の前に(before dinner)
  5. after   →~の後に(after dinner)

 

(例文解答)

  1. 私は小説を読みます。                              I read novels
  2. あなたは小説を読みますか。                    Do you read novels?
  3. あなたはいつ小説を読みますか。            When do you read novels?
  4. 日曜日です。                                              On Sunday.
  5. 彼女はいつ小説を読みますか。                When does she read novels?
  6. あなたはふつういつサッカーをしますか。 When do you usually play soccer?
  7. 土曜日です。                                              On Saturdays
  8. 土曜日の夕方です。                                   On Saturday evenings

※習慣の「s

7,8番の Saturdays/ Saturday eveningsの「」ですが、なぜついているか?「習慣にしているもの」なら「」がつきます。ニュアンスとしては、「ああ、毎週(いつも)土曜日にしてるよ」というような意味合いです。

では、まとめ問題です。

(まとめの例題)

  1. 彼にはいつ会ってるの?
  2. 金曜日かな。
  3. 彼らはいつ沖縄に行ってるの?
  4. 六月です。
  5. ふつういつエクササイズしてるの?
  6. 火曜と土曜日。
  7. 息子さんはいつ宿題してる?
  8. 夕食前ですね。

(まとめの例題解答)

  1. 彼にはいつ会ってるの?                  When do you meet(see) him?
  2. 金曜日かな。                                     On Friday.    
  3. 彼らはいつ沖縄に行くの?         When do they go to Okinawa?
  4. 六月です。                                         In June.
  5. ふつういつエクササイズしてるの? When do you usually do your exercise?
  6. 火曜と土曜日。                                  On Tuesday and Saturdays.
  7. 息子さんはいつ宿題してる?         When does your son do his homework?
  8. 夕食前ですね。                                  Before dinner.

いかがでしょうか?

文法が分かった時点で

例文全問一気に頭に入れようとせず、

ゆっくりでよいので一つずつ「自分の英語」にしていってください。

目の前に「相手がいる」ことを想像し

よりリアルに、「一人トーク」ができたらベストですね!!

 

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です