トランプ氏が大統領になり、日本人の英語力が上がる理由

こんにちは。メグミです。

六日前に書いたことが本当になりました。

 

もしトランプ氏が大統領になんてなってしまったら・・・?!!!

 

なってしまいました。

 

昨日11月9日午前11時過ぎ

日経平均株価暴落で気が付くと

各メディアが「うろたえている」姿が見て取れました。

 

世界中が驚愕です。

もちろん、わたしの住む田舎でも。

夕方に来る小学生が「トランプ氏?怖え~な~!(「な~」はここの方言です)」

夜来た中学生女子が「トランプ・・・怖い・・まじ怖い!!!」

まるで世界情勢なんか分からなくても

「トランプ氏が怖い」は分かるのです。

メディアの力がいかに影響しているかも見て取れますが・・・

 

もしトランプ氏が大統領になんてなってしまったら・・・?!!!

 

なってしまいました。

でも、

私は、自分でも意外に「ポジティブ」に受け止められています。

今回強く感じたのが

 

アメリカ人の「未知」なものへの「寛容さ」です。

 

「分からないなら、やってみよう。やらせてみよう」 という感覚が

根底にあるのではないかと。

 

日本人には到底できない「選択」です。

専門的なことは分かりませんが

「現状維持は、NO!!!」が多数のアメリカ人の答えだったのでしょう。

わたしは「そこ」に希望を見ています。

 

そして、六日前の記事でこんなこと書きました。

もし、彼が大統領になったら・・・・

もしかしたら日本人の英語力伸びるかも・・・??!!!

 

ほんとうにそうなっちゃった今、

ますます「伸びるぞ!」と思っています。

 

その理由です。

各国同様、日本のメディアも「驚き」をもって

トランプ次期大統領を報道しています。

この「驚き」がある限り

メディアはトランプ氏を報道し続けます。

それは、歴代の米大統領とは比較にならない位

トランプ氏の「一挙手一投足」に反応し、私たちに伝えようとします。

私たちは

自身が「トランプ氏に興味がある・ない」に関わらず

「時間がある・ない」に関わらず

否応なしにトランプ氏をより知ることになります

 

すると必然的に

トランプ氏を通して、「英語への接触頻度」が格段に増すのです。

 

英語・英会話上達にはこの「英語の接触頻度」が必須条件です。

この「英語の接触」の時間を確保するために

みんな日々努力して工夫して確保するのですが、

テレビをつけているだけでトランプさんが、アメリカの国民が何か言ってる・・・

これが毎日かなりの割合で、労せず私たちの耳に入ってくる・・・

 

間違いなく私たちの「英語環境」は変わると思います。

 

もちろんテレビならば

「日本語字幕」が映し出されるでしょう。

それはそれでいいと思います。

ただ、英語学習したい方ならば、よく聞いてみて下さい。

 

トランプさんの英語は聞き取りやすいです!

 

歯にモノが詰まったような言い方はしないし

小難しいこと言わないし(笑)

発音も、演説をする人だからクリアで分かりやすいです。

ここから先は、今までみたいに「悪臭」のある言葉は控えるだろうし・・・

 

トランプさんのコメントが日々少しでも聞き取れるようになったら

あなたの英語学習において、大きな「成功体験」となります。

「トランプ氏の英語」は、ほぼ毎日あなたの耳に必ず入ってきます。

少しずつ聞き取れていくといいのです。

知らない単語なら、瞬時に「字幕」でインプットし、単語量を増やすのです。

少し時間があるなら、サッと電子辞書引と、より定着しますよね。

 

これは、なかなかの勉強法だと思います。

何十年も前に作られた「音声の英会話教材」よりも

断然、リアル英会話につながるのではないでしょうか?

 

まさに「生きた英語」が否応なしに耳に入ってくる環境になる!!!

 

トランプ氏の動向を見ていれば、

「英語は意外と簡単だ!」と思える環境ができてます!

未来は明るいです。

 

トランプ氏が大統領になり、日本人の英語力は上がります。

 

「世の中の変化」を大いに利用しましょう!!

 

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

 

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Megumi

はじめまして。野原めぐみと申します。英会話講師をやっております。長年指導させていただいている経験から、 「中学英文法」を体感的にまで理解できることが、英会話上達の最短距離! だと実感しています。 非母国語圏の人間だからこそ分かる、「肝」をズバリ提供できればと思っております。 どうぞよろしくお願いいたします。