トランプ氏の英語が「中学英語」でどのくらい通じるか検証する

Pocket

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e6%b0%8f%ef%bc%92

こんにちは。メグミです。

先日「トランプ氏 最近もう顔を見るだけで笑えて・・・」の記事で、

「トランプ氏は難しいことを言わない。

中学英文法がきちんと定着していればいける!」  と書きました。

では、本当にいけるのか? 分かるのか?

実際に、検証しようと思います。

 

よく、ニュースでも流された

2016年7月23日の「トランプ氏のアメリカ大統領指名受諾演説」から抜粋してみます。

まず前提として、

中学で新出しない単語、専門的な単語は、もちろん新たにインプットしなければなりません。

まず先にそういった単語を提示しておきます。

 

(単語の提示)

  1. spin ここでは「都合よく受け取られる情報を流すこと」として使われています。
  2. craft 「生み出す、(念入りに)作る」
  3. myth 「神話、(ここでは)根拠のない作り話」
  4. the Democrats 「民主党」
  5. convention 「大会」

 

では、いけるか?

 

~トランプ氏受諾演説より~

So if you want to hear the corporate spin, the carefully-crafted lies and the media myths, the Democrats are holding their convention next week. Go there.

 

どうですか?

分かりました?

結論からいうと、これ、中学二年生の二学期で理解できます!!

もしこれ、中学生が訳そうとしたら、こうです。

 

だから、もしあなたが企業の都合の良い情報や、慎重に作られたうそや、メディアの作り話が聞きたいなら、民主党が来週彼らの大会を開催しています。そこへ行ってください!

 

① まず、「if~」の構文です。これは中学2年生1学期頃学びます。

「もし~なら、~だ」文中の「,」で、「if仮定, 結果~だ」をつなぐのです。

②次に、「不定詞 want to~」です。中学2年生2学期頃学びます。

「to+動詞の原形」で作り、ここでは「~することを欲する=~したい」となります。

③最後に「進行形」です。中学1年生2学期頃学びます。

「be動詞+動詞ing形」で作り、「~している」となります。

 

いかがでしょうか?

十分中学英語でいける気がしませんか??!

もちろん、前提として挙げた単語の理解と「聞きとり」が必要となるわけですが、

頭にこうして「専門的な用語」を少しずつ増やし聞き進め、

「トランプ氏の英語は中学文法で話してるんだ」という感覚で聞いていると

絶対にわかるフレーズが表れてきます!

そこを足がかりに、「わかる場所」を広げていくのです。

トランプさんはこれから毎日テレビに映っていますから、

その「数秒間のコメント」を毎回キャッチしてみてください!

 

もちろんこれだけで英語が上達する勉強法ではありません。

ただ、日々の自分の「成功体験」として

「上達」を加速させる絶好のチャンス、環境を利用しない手はないと思います。

 

英語が、面白く、よりリアルに接触できて実生活に活きてきます!!

積極的に英語に、英会話に触れてください。

 

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

 

 

 

 

Pocket