斎藤一人さんに恩を返す。

Pocket

%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e3%81%95%e3%82%93

野原めぐみです。

すみません。英語に全く関係ない話です。

でも今「このこと」を書きたい衝動に駆られて書きます。

 

私の趣味というか、

ルーティンのひとつというか、日課というか

朝起きたら「一人、ひとりさん時間」があります。

ユーチューブでアップされた「斎藤一人さん」の音声を

40分くらい聞いて一日をスタートさせるのです。

本当にユーチューブにアップしてくれる方々には日々感謝です。

 

それで

今日聞いた一人さんの「言葉」が、

ひときわ、心の底に響いたものですから

文にしたくて書いてみます。

 

[今日の一人さんの言葉]

神様は私たちを不幸にしようとはしていない。

ただ、幸せになる「材料」は山ほどくれている。

これで幸せになるんだ」と言っている。

神様は幸せをくれると思っている人がいるが、

神は、幸せはくれない。

幸せに「変えるもの」をくれている。

不幸を山ほど持っているのなら、幸せに変える材料が山ほどあるんだ。

「ハンディをくれる」ということはその人に実力があるということ。

 

人は不幸になってはいけない。

「幸せになる」って言って(この世に)出てきたんだ。

この世は与えたものが返ってくる。

世の中に一方通行はない

本当に役に立っているものに一方通行はない。

本当に役に立っているものはどうしたって売れる。

 

「もらいっぱなし」は通らない

人は、自分が受けた恩に対して「自分が何をするか?」って思ったとき

宇宙が共鳴するようにできている。

「因果」とは気持ちが作る

いただいた「徳」を返したいと思い、返したときに「得」となって帰ってくる。

おごってもらう人より、おごった人の方が幸せになるのはそういうこと。

 

 

う~ん・・・

やはり私が「文」にするより

直に一人さんの音声聞いた方が重みがありますね・・・

でももし

これを今見ているあなたが

「斎藤一人さんを初めて知った!」という方なら

私は一人さんに

「恩」を、米粒くらいは返せたことになるでしょうか・・

 

人は不幸になってはいけない

 

もし、あなたと今これが共有できたのなら

私は間違いなく幸せです。

 

画面の向こうでつながっているあなたへ

ありがとうございました。

 

野原めぐみ。

 

 

Pocket