英語で「私、彼が好きなの。」と言いたい時 代名詞の目的格

Pocket

%e5%85%88%e8%bc%a9%e3%81%8c%e5%a5%bd%e3%81%8d[Lesson第23回目]   「彼を・彼に 代名詞の目的格」

英語の文をつくろうとするとき

「主語」+「動詞」まではスムーズなのですが、次が浮かばない時があります。

「主語」+「動詞」の次はおおむね「目的語」です。(~をにあたる語です)

この目的語が、「代名詞」の時、ガラリと変化しますので

まずはこの文法ルールを覚えて何度も何度も「音出し」して言い慣れましょう。

 

(例文)下の文、英語でいうと?

  1. 彼はタケシです。
  2. 私は彼を知っています。
  3. こちらは、私の友達のカナです。
  4. あなたは彼女を知っていますか?
  5. 私は彼女が大好きです。

<POINT>

●代名詞(私・あなた・彼・私達など)が、                  「私を(に)・あなたを(に)・彼を(に)・・」に変化する格を目的格という。

  1. 私を→          me   
  2. あなたを→                          you
  3. 彼を→                                 him
  4. 彼女を→                             her
  5. それを→                              it
  6. 私たちを→                           us
  7. あなた達を→                       you  
  8. 彼らを彼女らをそれらを→   them  で覚える。

●また、代名詞が、前置詞(for/to/withなど)の後ろに来る時は、この目的格を使う

 

(例文解答)

  1. 彼はタケシです。         He’s Takeshi.
  2. 私は彼を知っています。                  I know him.
  3. こちらは、私の友達のカナです。     This is my friend Kana.
  4. あなたは彼女を知っていますか?   Do you know her?
  5. 私は彼女が大好きです。                 I like her very much.    

言うまでもなく頻繁に出てくる語ですね

決して「知ってる」だけじゃあ使えません。

こんな簡単な文ですが、何回も何回も飽きるほど言って定着させてください。

 

(まとめの例題)

  1. 私の友達マユミには一人息子がいます。
  2. 彼女はいつも彼の話(talk about)をします。
  3. 私は彼らを知りません。あなた知ってる?
  4. その女の子はいつでも(all the time)お兄ちゃんと一緒にいます。
  5. このプレゼントはあなたへ(for)です。
  6. 私のについてきて(follow )

(まとめの例題解答)

  1. 私の友達マユミには一人息子がいます。 My friend Mayumi has a son.
  2. 彼女はいつも彼の話(talk about)をします。She always talks about him.
  3. 私は彼らを知りません。あなた知ってる?                                                            I don’t know them. Do you know them?
  4. その女の子はいつでも(all the time)お兄ちゃんと一緒にいます。                   The girl is with her brother all the time.
  5. このプレゼントはあなたへ(for)です。           This present is for you.
  6. 私のについてきて(follow )                           Follow me.

 

いかがでしょうか?

単純な文が続きますが、

4月に0ゼロだった中学一年生が、

もう秋にはここまでの文と文法をクリアしているのです。

すごいですよね。

しかし、なかなかできそうで文が作れないので

やはり「口トレーニング」です。

何度も何度も一年生たちもリピートしてます。

何でもそうですが、

ひとつひとつ目の前のものをクリアしていくことが

一番近道です。

ゆっくりでいいので

やったもん勝ちです!

始めたもん勝ちです!!

やりましょう!

 

今日も最後までありがとうございました。

野原めぐみ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です